新しい薬剤について覚えるのが辛いです

薬剤師として、働いていてブランクを持った時、次に働く時に少し辛いと思うことがあります。
それは、なんといっても新しいことについていけるかという、不安があるのです。
その新しいことというのは、自分が働いていた時と違う薬剤について、覚えることが出来るかと言うことです。

新しい薬剤については、その薬剤名を覚えたらいいというわけではありません。
用法用量はもちろんのこと、副作用などたくさんの内容について、勉強をする必要があります。

それは、患者さんに指導をすることが必要となるからです。
特に、調剤薬局などで働く時、患者さんから質問を受けることがあります。
その時、必ず専門知識を持って、その質問に答えることが必要だからです。
その時に答えることができなかったら、とても恥ずかしい思いをすることになるし、なんといっても仕事になりません。

そのため、新しい内容について、すんなりと覚えることが出来るのかという、不安があります。
そしてそれは、真剣に勉強をすることが大切となってきます。
薬剤師としてブランクを感じながらも、しっかりと勉強をして家庭と仕事を両立させることが必要です。
また独身の場合は、そのことに自信を持って答えることができるように心を決めることが必要なのです。

そんな風に考えると、ブランクを感じていて悩むよりも、働く前に勉強をすることが大事ですね。
勉強をすることによって、いざ働く時にある程度自信をつけて、働くことができます。

《ブランク薬剤師の体験談サイト》
http://薬剤師ブランク復職.com/

カテゴリー: 薬剤師 パーマリンク