病院の薬剤師の仕事について

薬剤師は,いろいろな職場で働くことができます。
その職場の中で、特に多いのは病院ではないでしょうか。
多くの薬剤師や、病院で働くことになります。

その時、病院とほかの職場では仕事内容が違ってきます。
同じ内容として、調剤業務があります。
その調剤業務は、同じですがその調剤をする数が全く違ってきます。
病院の場合は、外来患者、入院患者の両方に調剤をすることになります。
そのため、とても忙しいのです。
特に、患者数によってその違いがとてもあります。

また、病院の場合は患者指導も多いですね。
それも外来、入院患者さんの両方に行うことになります。
その時、入院患者さんの場合は、ベッドサイドにいくことが多いです。
入院患者さんが多い場合は、それだけ指導をするやりがいを感じることができますね。
そして、その人に合った指導のパンフレット等も作成をすることもあります。
その反応をリアルタイムで感じることができるのは、病院で働く薬剤師のメリットでもありますね。

また、病院では色々な役員があります。
その病院内で行われている業務についてまとめる役員だったりする時等、病院職員である薬剤師も当然参加をすることになります。
そのため、仕事以外のことでも、会に参加をすることが多くなります。

薬剤師は、専門性を高い職業です。
そのため、勉強会も頻回に行っています。
院内で行うこともあり、そのときは当然仕事を終了下後に行うことが多くなりますね。
また、外部研修もあります。

カテゴリー: 薬剤師 パーマリンク