新しい薬剤について覚えるのが辛いです

薬剤師として、働いていてブランクを持った時、次に働く時に少し辛いと思うことがあります。
それは、なんといっても新しいことについていけるかという、不安があるのです。
その新しいことというのは、自分が働いていた時と違う薬剤について、覚えることが出来るかと言うことです。

新しい薬剤については、その薬剤名を覚えたらいいというわけではありません。
用法用量はもちろんのこと、副作用などたくさんの内容について、勉強をする必要があります。

それは、患者さんに指導をすることが必要となるからです。
特に、調剤薬局などで働く時、患者さんから質問を受けることがあります。
その時、必ず専門知識を持って、その質問に答えることが必要だからです。
その時に答えることができなかったら、とても恥ずかしい思いをすることになるし、なんといっても仕事になりません。

そのため、新しい内容について、すんなりと覚えることが出来るのかという、不安があります。
そしてそれは、真剣に勉強をすることが大切となってきます。
薬剤師としてブランクを感じながらも、しっかりと勉強をして家庭と仕事を両立させることが必要です。
また独身の場合は、そのことに自信を持って答えることができるように心を決めることが必要なのです。

そんな風に考えると、ブランクを感じていて悩むよりも、働く前に勉強をすることが大事ですね。
勉強をすることによって、いざ働く時にある程度自信をつけて、働くことができます。

《ブランク薬剤師の体験談サイト》
http://薬剤師ブランク復職.com/

カテゴリー: 薬剤師 | 新しい薬剤について覚えるのが辛いです はコメントを受け付けていません。

病院の薬剤師の仕事について

薬剤師は,いろいろな職場で働くことができます。
その職場の中で、特に多いのは病院ではないでしょうか。
多くの薬剤師や、病院で働くことになります。

その時、病院とほかの職場では仕事内容が違ってきます。
同じ内容として、調剤業務があります。
その調剤業務は、同じですがその調剤をする数が全く違ってきます。
病院の場合は、外来患者、入院患者の両方に調剤をすることになります。
そのため、とても忙しいのです。
特に、患者数によってその違いがとてもあります。

また、病院の場合は患者指導も多いですね。
それも外来、入院患者さんの両方に行うことになります。
その時、入院患者さんの場合は、ベッドサイドにいくことが多いです。
入院患者さんが多い場合は、それだけ指導をするやりがいを感じることができますね。
そして、その人に合った指導のパンフレット等も作成をすることもあります。
その反応をリアルタイムで感じることができるのは、病院で働く薬剤師のメリットでもありますね。

また、病院では色々な役員があります。
その病院内で行われている業務についてまとめる役員だったりする時等、病院職員である薬剤師も当然参加をすることになります。
そのため、仕事以外のことでも、会に参加をすることが多くなります。

薬剤師は、専門性を高い職業です。
そのため、勉強会も頻回に行っています。
院内で行うこともあり、そのときは当然仕事を終了下後に行うことが多くなりますね。
また、外部研修もあります。

カテゴリー: 薬剤師 | 病院の薬剤師の仕事について はコメントを受け付けていません。

活躍のチャンスが広がる薬剤師

薬剤師の仕事は、活躍のチャンスが広がりつつあるのではないかと考えられています。そのため、薬剤師として活躍したいと希望する人にとっては、様々なところで活躍できる可能性が高くなってきているのではないかとみられています。以前に比べて全国的に薬剤師として働きたい人が急速に増加し始めており、その動向については強い関心や興味が示されているのではないかと認識されています。
ここ数年は、薬剤師を募集する医療関連の職場も多くなってきていると考えられているため、活躍のチャンスが拡大することに直結しているのではないかと思います。様々な形式で薬剤師として勤務できる環境が整備されるようになってきており、この仕事を希望する人が増加し始めているのではないかとみられています。薬剤師として活躍できる環境を整えることも実践されるようになり始め、多岐にわたる方面からの関心が寄せられることにも繋がるのではないかと推測されています。
近年は薬剤師の存在が大事なものとして認識されています。そのため、今後も多くの方面において薬剤師として活躍できるチャンスが開拓されるのではないかと予測されています。新たに薬剤師の人材になる人が増加する一方で、既に薬剤師として勤務する人も、一層多くの活躍の機会を持つようになるのとみられています。幅広い年代の薬剤師が、様々な現場で仕事を通じて活躍できるのではないかと推測されており、大きく期待されるのではないかと思います。

カテゴリー: 薬剤師 | 活躍のチャンスが広がる薬剤師 はコメントを受け付けていません。

薬剤師は辞めても次の働き口が広がっているらしい

薬剤師さんって、働いている環境が悪ければ結構早めに対策ができると聞きました。というのも、次の働き口が多く用意されているからだそうです。何か薬剤師としてのノウハウが一度身につけば、これから先は安泰なのかもしれませんね。また、パートで働いていると、辞める際にも正社員ほどの責任を負って辞めるということがないそうです。だから我慢せずに辞めやすいのもあるとか。私は仕事は一度入社したら3年は頑張りなさいという文句をよく聞きますが、どうしても辛くなったらそこまで我慢して耐える必要はないと思います。そりゃ忍耐力やストレス体制はつくかもしれませんが、どうも日本人は耐え忍ぶことに謎の美学を見いだしているように思えてなりません。人生は楽しんでなんぼでしょうに。
私は薬学系の学問を一切学んだことがないので、もし仮に転職するとしたら勉強をすることになりそうです。学生のうちから薬剤師を目指す子は、それを見越して物理ではなく生物を選択することが多いみたいですしね。私も生物をとっていましたが、昔の記憶はとうに消え去りました。それよりは、より薬剤師として専門的なものを効率よく学ぶべきでしょう。それこそ通信教育か何かの手を借りて。
薬剤師のメリットだけに目を通すと、今の私にあっている働き方なのかなとも思えます。ただ、今の職場は給料は安くてもやりがいと楽しさはあるので、私が薬剤師に転職する可能性は今のところないですね。もっと早くに知っていたらどうなっていたかわかりませんが。

カテゴリー: 薬剤師 | 薬剤師は辞めても次の働き口が広がっているらしい はコメントを受け付けていません。